中年太りが起きる原因とは?

中年太りが起きる原因は、筋肉量の低下が挙げられます。中年になるとどうしても筋肉量が低下しがちで、基礎代謝量は40代を境にして大きく落ちてきます。基礎代謝が落ちるので、若いころと同じように食べていると中年太りになってしまいます。他の原因としては、酸化、糖化、ホルモンの変化が挙げられ、これらは老化によるもので、細胞やホルモン機能の低下により起こります。

中年と呼ばれる頃になると、顕著に現れるのが基礎代謝の低下と筋肉量の減少です。基礎代謝は生きるために必要なもので、呼吸、体温維持などに関わっています。基礎代謝が落ちると、太りやすくなるのは、エネルギーを作り出す機能が落ちてくるからです。中年になって仕事が忙しくなってくると、運動をする機会が減ります。

 

そうすると筋力は低下してきますが、その一方で、食べる量が若いころと変わらないと、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回るようになり、結果、太ることになります。ちょうど中年は、男にとって仕事まっさかりの時期で、飲み会や外食をする機会も増え、中年太りに拍車をかけることになります。

【おすすめサイト】

ベルタ酵素で産後ダイエットレポート